• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

交通死亡事故Q&A

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

子どもの場合、逸失利益を請求できますか?計算方法はどうなりますか?

子どもは逸失利益を請求することができます。

死亡事故の被害者が子どもの場合、逸失利益を請求できるのかという問題があります。

逸失利益を請求出来るのは、基本的に事故前に働いていて、実際の収入があった人です。

しかし、子どもの場合には、死亡時には収入はなくても、将来働いて収入を得られる可能性が高いので、死亡した場合の逸失利益が認められます。

この場合、現実の収入がないので、基礎収入をどのように設定するかが問題です。
弁護士・裁判基準の場合には実収入を基本とします。
子どもの場合には、実収入がないので、賃金センサスの平均賃金によって、基礎収入を算定します。

具体的には、産業計・企業規模計・学歴計・男女別全年齢平均の賃金額を使います。
男性の平均賃金の方が女性の平均賃金より高いので、男児の方が女児より逸失利益が大きくなるという問題があります。
男性の平均賃金は500万円を超えていますが、女性の場合には300万円台となるので、大きな格差が発生します。

そこで、現在では、多くのケースで年少の女児については、男女計の平均賃金を使って基礎収入を算定する傾向にあります。男女計の平均賃金の場合、400万円台となるので、男性の平均賃金と女性の平均賃金の中間的な数字になります。

質問内容

TOP