• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

交通死亡事故Q&A

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

死亡事故で損害賠償請求ができるのは誰ですか?

交通事故が発生したら、被害者は相手に対して損害賠償請求をすることができます。

しかし、死亡事故の場合には、被害者本人は死亡しているため自分で損害賠償請求をすることができません。

被害者本人が死亡している場合には、被害者の相続人が相手に対して損害賠償請求をする権利を取得します。

被害者に配偶者がいる場合、配偶者は常に相続人になります。
その他の相続人には順位があります。
被害者に子どもがいる場合には、子どもが第1順位の相続人となるので、配偶者と子どもが損害賠償請求権を取得します。
配偶者がいない場合には、子どもだけが相続人となり、子どもが損害賠償請求をします。

被害者に子どもがいない場合には、親が第2順位の相続人となるので、配偶者と親が損害賠償請求権を取得して、相手に損害賠償請求をします。
配偶者がいない場合には、親だけが相続人になります。
親もすでに他界している場合には、被害者の兄弟姉妹が第3順位の相続人となるので、配偶者と兄弟姉妹が相手に対する損害賠償請求権を取得します。
配偶者がいない場合には、兄弟姉妹のみが損害賠償請求権を取得します。

また、遺族固有の慰謝料請求権が認められる場合もあり、その場合には、相続権とは無関係に一定の範囲の遺族に慰謝料請求権などが認められます。

このように、死亡事故の場合には、基本的に複数の人が損害賠償請求権を取得するので、互いに意思疎通しながら賠償請求の手続を進めていく必要があります。

質問内容

TOP