• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

交通死亡事故Q&A

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

被害者がしばらく入院後に死亡した場合、どのような損害賠償請求ができますか?

被害者が、交通事故後しばらく入院してから死亡した場合には、死亡するまでの間に発生した諸々の損害賠償金を請求することができます。
死亡するまで入院していれば医療機関に支払う入院費用が発生しますし、その間の入院雑費も発生します。
請求出来る金額の計算方法は、入院治療費の金額は実費で計算します。
入院雑費は1日1500円が基本となります。

また、付添看護費用も発生します。
これについては、職業付添人の場合には実費になりますが、近親者が付き添った場合には1日当たり6500円で計算します。

近親者の通院交通費も賠償金に含まれるケースもあります。
被害者が死亡するまでの間仕事を休むなど、休業による損害が発生した場合には、休業損害を請求できることもあります。
また、その期間に対応して入通院慰謝料を請求することもできます。
入通院慰謝料は、自賠責基準では1日4200円ですが、弁護士・裁判基準で計算すると、より高額になります。

質問内容

TOP