• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

交通死亡事故Q&A

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

逸失利益の生活費控除とは何ですか?

生活費控除率とは、逸失利益の計算の際に、死亡者の生活費がかからないためにその費用を控除するための割合です。

死亡事故の場合、相手に対して逸失利益を請求出来るケースがあります。
逸失利益とは事故によって被害者が死亡して働けなくなったために得られなくなった利益のことですが、その計算の際に生活費控除率が問題になります。

交通事故によって死亡すると、働けなくなるので確かに収入は得られなくなりますが、その代わり死亡するので生活費がかからなくなります。
生きていたら、本来かかるはずの生活費がかからなくなるのですから、逸失利益の計算の際には、その分の金額を差し引かなければならないという考え方です。
そこで、生活費控除率をかけ算して、逸失利益を調整するのです。

逸失利益の生活費控除率は、死亡した人の属性によってその率が異なります。
【被害者が一家の支柱】であった場合、被扶養者が1名の場合には40パーセント、被扶養者が2名以上の場合には30パーセントとなります。
【被害者が一家の支柱以外】であった場合、被害者が女性の場合には30パーセント、男性の場合には50パーセントとなります。

なお、上記は、弁護士・裁判基準で計算した場合であり、あくまでも目安に過ぎませんので、個々の生活実態に応じて決定されます。

逸失利益の計算の際には、「基礎収入×(1-生活費控除率)×ライプニッツ係数」の計算式で計算するので、生活費控除率が高くなると、逸失利益の金額が低くなります。

質問内容

TOP