• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

交通死亡事故Q&A

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

遺族固有の死亡慰謝料とは何ですか?その金額はどのくらいになりますか?

遺族固有の死亡慰謝料とは、交通事故で被害者が死亡した場合に、被害者と一定の関係にあった遺族に認められる死亡慰謝料のことです。

慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償金のことですが、死亡事故で被害者が死亡した場合、精神的苦痛を被るのは被害者本人だけではありません。

被害者の親や配偶者など、被害者と近かった人たちも、強い精神的苦痛を受けます。
これらの人たちには、被害者とは独立して、死亡慰謝料が認められるのです。

死亡慰謝料の計算方法は、自賠責基準と任意保険基準、弁護士・裁判基準の3つの基準によって異なりますが、遺族固有の慰謝料がもっともわかりやすく認められるのは自賠責基準です。
この場合、慰謝料請求権が認められるのは被害者の父母、配偶者と子どもですが、その金額は請求権者の人数によって異なります。
具体的には、請求権者が1人の場合は550万円となりますし、2人の場合は650万円、3人以上の場合は750万円となります。
被害者が扶養していた人(被扶養者)がいる場合、請求権者が1人の場合には750万円、2人の場合には850万円、3人以上の場合には950万円となります。

弁護士・裁判基準の場合には、「死亡慰謝料」という枠組みの中に遺族固有の慰謝料の金額も組み込まれることになります。このことによって、たとえば、被害者が一家の大黒柱などの場合には、他のケースより死亡慰謝料が高額になります。

質問内容

TOP