• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

交通死亡事故Q&A

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

逸失利益とは何ですか?

逸失利益とは、交通事故によって被害者が働けなくなったことにより得られなくなった利益のことです。

逸失利益が認められるのは、交通事故によって後遺障害が残った場合と死亡した場合です。
これらのケースでは、被害者は労働能力を喪失したり(後遺障害のケース)、労働が一切できなくなります。(重度の後遺障害と死亡事故のケース)

交通事故に遭わなかったら働いて収入を得ることができたはずですが、それらの収入を得ることができなくなります。
その減収分を、失われた利益として事故の相手方に対して賠償請求することができるのです。
それが逸失利益です。

死亡事故の場合の逸失利益の計算方法は、以下の通りの計算式によって計算します。
「事故前の基礎収入×(1-生活費控除率)×ライプニッツ係数」

逸失利益は、失われた減収分の請求なので、まずは、事故前に、基本的にいくらの収入があったかという基礎収入を基準にします。
死亡事故の場合には、被害者が死亡していて生活費がかからないため、生活控除率をかけ算してその分を控除します。

ライプニッツ係数とは、就業可能年齢までの中間利息を控除するための特殊な係数のことです。
事故前の年収が高かった人や年齢が若い被害者の場合、死亡事故の逸失利益の金額は高額になり、1億円を超えることも珍しくありません。

質問内容

TOP