• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

鯖江市の皆様へ

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

鯖江市の交通事故被害に遭われた皆様へ

交通事故はある日突然発生します。ほとんどの交通事故被害者の方は初めて交通事故に遭うため、交通事故に遭うと「何をどうしたら良いか分からない」という状況に陥る方が多いです。また、交通事故で負った怪我は場合によっては後遺障害として一生残ることになります。
しかし、後遺障害については、事故直後から適切な対応をしなければ、適切な等級認定を得ることができない可能性がありますので、交通事故被害に遭われましたら、まずは交通事故の専門家である弁護士に相談することが重要です。鯖江市で交通事故被害にお悩みの方は、まずはお気軽にご相談下さい。

交通事故解決の流れ

1.事故発生

必ず警察に通報し、保険会社に連絡しましょう

2.治療

怪我がある場合は、忙しい場合でも病院へ行きましょう

3.治療費打ち切り

まずは、弁護士に相談し、適正な賠償を受けましょう

4.症状固定

後遺症が残った場合は、弁護士に相談しましょう

5.示談案の提示

賠償金額が適正かの判断は、弁護士に相談しましょう

6.示談交渉・訴訟

適正な賠償が提示されない場合は、裁判の提起をします

7.解決

適正な賠償を受け取り、交通事故問題が解決します

あなたのお悩みをお選び下さい!

後遺障害について

後遺障害の種類

当事務所について

些細なことでもお気軽にご相談下さい

鯖江市について

鯖江市は福井県の嶺北地区の中央部に位置する都市で、特に鯖江といえば眼鏡というくらい眼鏡関連の産業が盛んです。鯖江市には現在約6万人の人々が生活をしていますが、鯖江市に住む人の多くは眼鏡産業に従事しているか、業務用の漆器生産に携わっています。 

鯖江市は福井県の中では、福井市、坂井市、越前市に次ぐ、福井県第4位の人口を誇ります。2010年時点では、福井県の人口の増加率が市町村で第1位の都市で、人口密度も県庁所在地がある福井県をより高く、県内第1位となっています。

鯖江市の産業はやはり眼鏡産業が盛んであるが、眼鏡フレームの国内シェアは96%にも達し、世界シェアでも実に約20%を鯖江市が占めています。

また、鯖江市は眼鏡というイメージが強いですが、鯖江市は繊維産業も盛んであり、現在鯖江市ではポリエステルやナイロン素材といった合繊織物や、シルク、ベルベット、リボンテープなどの生地を生産しており、鯖江市の繊維産業は日本でもトップクラスの技術を持つことで知られています。

鯖江市の市の花は「つつじ」が設定されています。つつじは鯖江市の里山や街路に美しくさいているほか、日本海側随一と呼ばれる鯖江市の西山公園にあるつつじを見るために、5月には福井県の内外から鯖江市にたくさんの人が訪れます。

TOP