• HOME
  • 弁護士紹介

弁護士 小前田 宙  ( こまえだ ひろし )

0006_160223AX.JPG

経歴

昭和58年(1983年) 福井県丹生郡越前町(旧朝日町)生まれ
平成14年(2002年) 福井県立武生高等学校卒業
平成18年(2006年) 関西学院大学法学部卒業
平成20年(2008年) 関西学院大学大学院司法研究科卒業
平成21年(2009年) 司法試験合格
平成22年(2010年) 司法修習修了
平成22年(2010年) 弁護士登録
        ~現在  弁護士法人ふくい総合法律事務所
                             (旧:小前田法律事務所)
開設後現在に至る

 

 

所属

・日弁連交通事故相談センター福井県支部相談員
・日弁連交通事故センター研究研修委員会委員
・民事介入暴力対策委員会委員
・福井弁護士会倒産法問題対策委員会委員
・福井弁護士会弁護士業務対策委員会委員

執筆

・平成23年11月 
自由と正義 日本弁護士連合会 「福井弁護士会の若手会員への業務支援・研修」

弁護士コラム始めました!

日々の弁護士業務の中で感じたこと、考えていることなどをお伝えすべく、弁護士コラムを始めました。
ぜひこちらもご覧下さい。詳しくはこちら >>>弁護士コラム

 

 

講演

・平成24年6月
福井市消費者センター くらしの講座 「少子化時代の相続と遺言」
・平成24年10月
大野高校 職業発見講座(高校1年生対象)「弁護士の仕事の魅力」
・平成25年9月
福井県暴力追放センター 不当要求防止責任者講習
・平成25年10月
大野高校 職業発見講座(高校1年生対象)「弁護士の仕事の魅力」
・平成25年11月
福井県行政書士会 会員向け研修「交通事故における弁護士の役割」
・平成26年1月
福井県暴力追放センター 不当要求防止責任者講習

私が考える弁護士に必要な要素は3つあると思います。


①誠実であること

②迅速であること

③常に研鑽を積むこと

私は、この3つを達成できるように、日々精進しています。
 

①誠実であること

依頼者の話をよく聞き、依頼者の要望をまず第一に考えることが必要だと思います。その上で、法律のプロとして、的確なアドバイスをし、依頼者のためのベストな解決方法を示すことが、弁護士としての誠実さであると思います。


また、法律のプロとして、どうしても依頼者の要望を叶えることが無理な場合には、依頼者に誤解が生じないよう、無理なものは無理だときちんと伝えるということも弁護士の誠実さではないかと考えています。

 

②迅速であること

もちろん、弁護士の仕事の性質上、大部分の仕事においては仕事の正確さを求められるため、迅速な処理が出来ない場合もあります。しかし、依頼者は、通常、紛争の一日も早い解決を望むのが通常であり、例えば、裁判で勝ったとしても解決に数年もかかってしまっては、依頼者の満足を得られないこともあります。

そのため、私としては、仕事のクオリティを落とさず、出来るだけ迅速な解決が出来るよう心掛けています。

 

③常に研鑽を積むこと

法律というのは、毎年新しい法律が出来たり、改正されます。また、裁判所では、日々、新しい判例が生まれています。法律のプロである弁護士としては、常にこうした新しい立法や判例変更にアンテナを張っている必要があります。


また、弁護士として事件を解決するためには、法律を知っているだけではいけません。例えば、弁護士として、交通事故の解決をするためには、法律はもちろん関連する医学や自動車工学の深い知識が必要になります。そのため、弁護士は日々の業務をこなしながら、新しい分野の勉強を続け、常に研鑽を積むことが必要だと考えています。

 

仕事へのこだわり

私の事務所は、弁護士3名、事務職員4名の事務所です。私たちは、事務所として1つのチームになって、依頼者のお話をじっくりお聞きし、的確かつ迅速なリーガルサービスの提供を果たしていきたいと考えております。


特に交通事故の被害者は、交通事故により、身体的・精神的に重大なダメージを受けていることも多く、まずは、依頼者のお話を親身になってじっくり聞くことに重点を置いています。


依頼者に「ふくい総合法律事務所に来てよかった」、「何かあったらまた相談したい」と言われることを目指しています。

福井への愛着

私は、福井県丹生郡越前町出身です。高校卒業まで福井で生活し、その後は、大学やロースクール(大学院)進学のため兵庫県西宮市に住んでいました。司法試験合格後は、生まれ育った福井の地で少しでも恩返しをしたいと思い、福井で弁護士登録をしました。

福井で生活や仕事をするにあたっては、バスや電車などの公共交通機関の利用が非常に不便で、生活・仕事していくにあたっては、車を1人で1台保有するが当たり前となっています。そのため、福井県内での移動は、車での移動が当たり前の「車社会」になっています。

ただし、その反動として、福井県において、不幸にして交通事故に遭われてしまう方が多数いることも事実です。

特に、雪国である福井は冬の間、雪や路面凍結のために、交通事故の数も増加します。

また、私の印象ですが、福井県民は、温厚で忍耐強い人が多いです。ただし、その反面、自らを積極的に主張することは苦手で、示談交渉の場面で、保険会社に対して自分の正当な権利をきちんと主張することが出来る人は少ないと感じています。

そして、福井県においても、交通事故の被害者が適正な賠償金額の受け取りができないままに事件が処理されてしまっているという事例が多数あるということを、私も弁護士の仕事をしながら分かってきました。

そこで、私の福井への恩返しとして、「交通事故の被害者の救済」を私の弁護士業務の一つの柱にしようと決意しました。

このホームページを作った理由

まず、そもそも、福井県民の中で、交通事故の被害に遭ったときに弁護士の相談するという発想自体がないこと、弁護士が入れば適正な賠償金額を得ることが出来るということ等を知らない人が多いと実感しています。

その原因としては、明らかに、弁護士からの情報発信が足りていないからだと思います。

そこで、弁護士の方から、弁護士が交通事故の被害者の力になれるということを、積極的に情報発信していく必要があると考え、「交通事故の被害者の救済」のため、このホームページを立ち上げることを決意しました。

 

趣味

ゴルフ

本格的に初めてまだ1年くらいです。ゴルフに行くたびに面白さを発見しています。
当面は、スコアで100を切ることが目標です。

スノーボード

大学時代から始めています。行くスキー場はもっぱらスキージャム勝山です。
ケガをして仕事に支障をきたすわけにはいかないので、ジャンプ台でのジャンプ等のケガの危険のある滑りは控えています。

弁護士 園山 達紀  ( そのやま たつのり )

0020_160223AX.JPG  

経歴 

昭和56年(1981年)  島根県松江市生まれ
平成12年(2000年)  島根県立松江東高校卒業
平成16年(2004年)  大阪大学法学部卒業
平成25年(2013年)  島根大学大学院法務研究科卒業
               司法試験合格
平成26年(2014年)  司法修習修了
平成27年(2015年)  弁護士登録
      ~現在    弁護士法人ふくい総合法律事務所
                 (旧:小前田法律事務所)
入所後現在に至る

 

 

 

所属

・福井弁護士会法教育委員会委員
・福井弁護士会消費者問題対策委員会委員
・福井弁護士会人権擁護委員会委員
・南越前町行政不服審査会委員


私が仕事をする上で大切にしていることは、依頼者への事前の充分な説明と受任後のこまめな連絡・報告です。

事務所に相談に来られる方の多くは、『弁護士に何かを頼むのは初めてで、これからどう進んでいくのかイメージできない。』と言われます。

ですから、まずは、事件の受任前に、相談者の御希望をよく伺った上で、そのために今後どのように手続きを進めていくべきかを丁寧に、分かりやすく説明することを心がけています。

そして、受任後は、とにかく、こまめに連絡します。依頼者は、弁護士に頼んだはいいもののちゃんと進めているのか、他の事件ばかり優先してほったらかしになっていないか、さぞご心配のことと思います。そのような依頼者の心配・不安を取り除くことも、私たちに課せられた大切な任務です。

ですから、何か動きがあれば御連絡するのはもちろんのこと、進展がない場合であっても、その旨御連絡し、少しでも依頼者の不安を取り除けるよう努力したとい考えています。


福井について

私は、弁護士登録をするまで、福井には特に地縁がなく、数回来たことがある程度でした。

そんな私が福井で生活し始めて、まず思ったことは、私の地元・島根に似ているな、ということでした。人々が穏やかであること、方言が特徴的で癒し系であること、越前ガニをはじめとする海の幸やお酒が美味しいこと・・・などなど、島根を思い起こさせる要素が数多くあり、地元に帰ってきたかのような親しみを感じました。

せっかく縁あって福井で弁護士人生がスタートしたのですから、この縁を大切にして、福井に根付いた弁護士になれたらと思っています。

 

趣味

野球観戦

小さいころからプロ野球を見ることが好きで、特定のチームを一筋で応援しています。
最近は行けていないのですが、年に一回は球場で観戦することを目標にしています。

 

将棋

司法修習時代に同期から勧められて始めました。
初心者らしく振り飛車ばかり指しているのですが、そろそろ始めて半年になることですし、
居飛車も勉強していきたいと思っています。

弁護士 西尾 祐馬 ( にしお ゆうま )


0052_160223AX.jpg
 

経歴 

昭和63年(1988年) 石川県津幡町生まれ
平成23年(2011年) 同志社大学法学部卒業
平成25年(2013年) 金沢大学法務研究科(法科大学院)卒業
平成26年(2014年) 司法試験合格
平成27年(2015年) 司法修習修了
平成28年(2016年) 弁護士登録
                弁護士法人ふくい総合法律事務所
                               (旧:小前田法律事務所)
に入所





 

所属

 ・ 福井弁護士会刑事弁護委員会委員

 ・ 福井弁護士会子どもの権利委員会委員

 ・ 福井弁護士会消費者委員会委員

 

私が仕事をする上で大切にしていることは、依頼者の立場になって話を親身に聞くことです。
 
依頼者の多くは、まずは自分の不安や怒りを聞いてほしいと思って弁護士を訪ねてきます。そのため、依頼者の話を親身に聞くということは、弁護士として仕事をする上で非常に大切なことと
なります。
 
私は、そのような依頼者の気持ちを最大限に酌みとり、依頼者の良き代弁者として仕事ができるよ
うに日々努力していきたいと考えています。

 

福井について

私が同じ北陸地方の石川県の出身だということもあって、福井県の食や気候にはスムーズに慣れることができました。福井県は、石川県と同じく魚介類や日本酒のおいしい土地です。

また、福井県は、人柄の良い土地でもあります。仕事の関係で県外の人とも話をするのですが、福井県は人が良いとの話をよく聞きます。
 
実際に、私が福井で司法修習生活を行った際にも、福井の人に非常に親切にしていただきました。この時の恩返しを私は福井でしたいと考えています。
 

趣味

知らない土地や文化に触れることが好きだという関係で、旅行をすることが大の趣味です。
 
すでに47都道府県は制覇したので、今後は時間があれば海外旅行にも積極的に挑戦したいと思います(ただ、英語が・・・)。
 
また、新しい趣味として、今後は様々なスポーツにも挑戦していきたいです。
 

 親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。

交通事故 無料法律相談のご予約


①交通事故問題解決の流れ.png ②ご予約・ご相談の流れ.png ③当事務所の解決事例.png ④交通事故Q&A.png
⑤事務所紹介.png ⑥弁護士紹介.png ⑦弁護士費用.png ⑧アクセスマップ.png

お問い合わせはこちら
ご相談の流れはこちら
mailsoudan.png
facebookバナー.jpg
お気に入りに追加する
弁護士費用
事務所案内

banar.jpg

推薦者の声
詳しくはこちら

コンテンツメニュー

弁護士法人ふくい総合法律事務所概要
アクセスマップ
対応エリア
当事務所の運営サイト

ImgLS3_3_2.jpg

 

ImgLS3_3.jpg

 

c25_logo_1.gif

Google+

対応地域 -福井県-

嶺北

福井市  大野市  勝山市 
鯖江市  あわら市  越前市 
坂井市  永平寺町  池田町 
南越前町  越前町 

嶺南

敦賀市| 小浜市 |美浜町|
高浜町|おおい町|若狭町|