• HOME
  • 遷延性意識障害について

遷延性意識障害について

遷延性意識障害(せんえんせいいしきしょうがい)とは、一般的に「植物状態」と呼ばれている症状の後遺障害になります。日本脳神経外科学会の発表によると、以下の6つの条件に該当する状態が3ヶ月以上の間、継続して見られた場合を「遷延性意識障害者(せんえんせいいしきしょうがい)」と呼んでいます。 075EA0A1547.jpg

遷延性意識障害の定義

①自力移動ができない。
②自力摂食ができない。
③屎尿失禁をしてしまう。
④眼球はかろうじて物を追うこともあるが、認識はできない。
⑤「目を開け」「手を握れ」などの簡単な命令は応ずることもあるが、それ以上の意志の疎通はできない。
⑥声を出しても意味のある発語ができない。

遷延性意識障害の場合に、治療費、慰謝料、逸失利益を請求できるのは当然ですが、介護費用(被害者の平均余命まで)、家屋改造費等も請求できます。そのため、一般的には死亡の場合よりも賠償金額は多額になります。

遷延性意識障害で適正な等級を得るためには、例えば、高次CT画像やMRI画像、また、医師が診察して作成した後遺障害診断書などの適切な資料を用意しなければ、適正な後遺障害の等級認定がされない場合があります。

もしご家族で交通事故にお遭いになられた方で、遷延性意識障害のような症状を発生しておりましたら、すぐに交通事故に詳しい弁護士にご相談しましょう。

後遺障害に関してはこちらもご覧下さい。

●後遺障害(後遺症)とは?
●後遺障害の種類について
●遷延性意識障害について
●交通事故と高次脳機能障害
●脊髄損傷とは? ●むちうちは立派な後遺障害です!
●12級と14級の違いについて ●むちうち治療の4ポイント ●むちうちの判別検査方法


 親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。

交通事故 無料法律相談のご予約


①交通事故問題解決の流れ.png ②ご予約・ご相談の流れ.png ③当事務所の解決事例.png ④交通事故Q&A.png
⑤事務所紹介.png ⑥弁護士紹介.png ⑦弁護士費用.png ⑧アクセスマップ.png

お問い合わせはこちら
ご相談の流れはこちら
mailsoudan.png
facebookバナー.jpg
お気に入りに追加する
弁護士費用
事務所案内

banar.jpg

推薦者の声
詳しくはこちら

コンテンツメニュー

弁護士法人ふくい総合法律事務所概要
アクセスマップ
対応エリア
当事務所の運営サイト

ImgLS3_3_2.jpg

 

ImgLS3_3.jpg

 

c25_logo_1.gif

Google+

対応地域 -福井県-

嶺北

福井市  大野市  勝山市 
鯖江市  あわら市  越前市 
坂井市  永平寺町  池田町 
南越前町  越前町 

嶺南

敦賀市| 小浜市 |美浜町|
高浜町|おおい町|若狭町|