• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

高次脳機能障害認定のためのポイント

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

高次脳機能障害認定のためのポイント

高次脳機能障害で適正な後遺障害認定を受けるためには、これからご紹介する6つのポイントについて十分注意することが必要です。適正な賠償金を獲得するためにも、6つのポイントをしっかり理解しましょう。

①交通事故に遭ったらまずは交通事故に詳しい弁護士に相談しましょう!

交通事故直後からの対応によって、高次脳機能障害の症状を患っていたとしても受け取ることができる賠償金が大きく異なってきます。事故後に適切な対応を取り、適正な賠償金を受け取るためにも、まずは交通事故を専門的に取り扱っている交通事故に詳しい弁護士にご相談していただき、適切な治療方法、そして適切な後遺障害の等級認定の方法について相談し、適切な対処方法に沿って行動することが必要です。

②高次脳機能障害を専門的に扱う医師による診察を受けましょう。

高次脳機能障害は外見からの判断ができない難しい後遺障害です。そのため、脳神経外科、整形外科だけでなく、神経心理学、神経内科、リハビリなどにも対応が可能であり、高次脳機能障害を専門的に扱う病院で診断を受けなければ、適切な診断、適切な治療を行なえない場合があります。

③事故直後に画像を撮影しましょう。

高次脳機能障害の症状が現れた際には、すぐにMRI、XP、CTなどの脳の状態の画像撮影が可能な機器での撮影を行いましょう。

④神経心理学的検査を実施しましょう。

高次脳機能障害を客観的に判断することは非常に難しいですが、認知障害、行動障害について定量的に調べる検査を行います。各検査別によく用いられる方式は下記のとおりです。
知能検査 ウェクスラー成人知能検査、長谷川式簡易痴呆スケール改訂版
言語機能に関する検査 標準失語症検査
記憶検査 日本版ウェクスラー記憶検査、三宅式記銘検査
遂行機能検査 ウィスコンシン・カード・ソーティングテスト

⑥後遺障害診断書の作成依頼をしましょう。

高次脳機能障害はいくらリハビリで回復する可能性があるとはいえ、やはりリハビリにも限界があります。リハビリを続けていたからといって、継続的な回復の可能性が見込めなくなる時期が訪れるのです。

この場合には高次脳機能障害の後遺障害が残ったことですので、適切な時期に通院をしている病院のドクターに後遺障害診断書を作成してもらう必要があります。また、後遺障害診断書以外にも、神経系統の障害を示す医学的所見、ならびに日常生活状況報告などの書類を作成してもらうことが高次脳機能障害の後遺障害等級認定を得るためには必要です。

当事務所では、上記の6ポイントを十分踏まえた上で、高次脳機能障害を抱えられた被害者の方が適正な後遺障害等級を認定してもらえるようサポート致しております。もし「高次脳機能障害かな?」と思われる症状をお持ちの方が交通事故被害者の方でいらっしゃいましたら、お気軽にご相談下さい。

後遺障害に関してはこちらもご覧下さい。

TOP