• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

交通死亡事故Q&A

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

死亡事故の場合、いつから示談交渉を始めたらよいですか?

死亡事故が起こった場合、いつから示談交渉を始めるべきという決まりはありません。

被害者が死亡すると、相続人である遺族が損害賠償請求権を取得するので、基本的には相続人らが共同で、損害賠償請求の手続である示談交渉を進めていく必要があります。

しかし、死亡事故が起こると遺族は多大な心痛を受けるため、すぐには損害賠償請求の話し合いをする気持ちになれません。
すぐに示談交渉を開始することが難しいのが通常です。

また、死亡事故の損害の内容として、49日の法要までの葬儀費用を請求することができるので、それを過ぎないと請求出来る損害賠償金の金額が確定しにくいという問題もあります。
そこで、示談交渉は、基本的に、49日の法要が済んでから開始することが多いです。
ただし、49日の法要を過ぎたからといって、すぐに示談交渉を開始しなければならないということはありません。
どうしてもその気持ちになれない場合には、少し時間をおくことも可能です。

ただし、損害賠償請求権には時効があるので、あまり長期間放置していると、請求権自体が消滅してしまうおそれがあるので注意が必要です。

質問内容

TOP