• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

交通死亡事故Q&A

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

相手方と示談したら、相手の刑事裁判が有利になるのですか?

交通事故が起こった場合、被害者が加害者と示談すると、そのことが加害者の刑事裁判に有利な証拠として使われることがあります。

ただし、交通事故が起こっても、すべてのケースで加害者が刑事裁判になるわけではありません。
事故が悪質な場合や、結果が重大な場合などには加害者には自動車運転過失致死傷罪や危険運転致死傷罪などが成立するので、刑事裁判にかけられます。
この場合、加害者が有罪になると、懲役刑や禁固刑、罰金などの刑罰が科されることになり、その刑罰の内容は、加害者の情状によって異なってきます。

ここで、被害者との示談交渉が成立していたり、被害者が加害者を宥恕(許すこと)していたりすると、加害者にとって良い情状となって、加害者の刑が軽くなります。
ですので、刑事裁判中だと、加害者側が熱心に「早く示談をしてほしい」と言ってくることがあります。

正当な金額の損害賠償金を支払ってもらえるのであれば、示談に応じてもかまいませんが、示談したことによって加害者の刑罰が軽くなる可能性があることは、理解しておいた方が良いでしょう。

刑事裁判が終わってしまった後で示談が成立した場合には、刑事裁判をやり直すことはできないので、そのことによって加害者の刑罰が軽くなることはありません。

質問内容

TOP