• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ
  • LINEでのお問合わせ

ふくい総合法律事務所選ばれる6つの理由

事務所紹介動画

新着情報

2022年12月3日 弁護士コラム
交通事故で痛みが大したことない場合は通院しなくても良い? New!
2022年11月25日 弁護士コラム
交通事故証明書とは?発行方法から注意点 New!
2022年11月21日 弁護士コラム
交通事故で示談するか悩んでいるあなたへ|示談せずに裁判するメリットデメリット
2022年11月18日 お知らせ
11月20日(日)の休日交通事故被害者無料相談会の受付は終了いたしました。
2022年11月11日 弁護士コラム
子どもが交通事故に遭ったら何をするべき?損害賠償は変わる?
2022年11月7日 弁護士コラム
休業損害証明書の書き方や算出方法について
2022年10月28日 弁護士コラム
交通事故で使える保険には何がある?
2022年10月25日 弁護士コラム
交通事故の被害者請求とは?被害者請求のメリット・デメリット
2022年10月17日 弁護士コラム
後遺障害14級とは?|等級認定されるためのポイント
2022年10月7日 弁護士コラム
後遺障害等級とは?|後遺障害等級認定が認められるためのポイント
2022年10月3日 弁護士コラム
レンタカーで交通事故を起こした場合の補償は?慰謝料の請求先は?
2022年9月26日 弁護士コラム
過失割合はどうやって決まる?過失割合の決まり方
2022年9月20日 弁護士コラム
交通事故で弁護士と相談する際には何を聞くべき?準備や注意点は?
2022年9月9日 弁護士コラム
交通事故に関する行政書士と弁護士の業務の違い
2022年9月9日 お知らせ
9月11日(日)の休日交通事故被害者無料相談会の受付は終了いたしました。
2022年9月2日 弁護士コラム
交通事故の自賠責保険とは?特徴から補償例まで紹介
2022年8月26日 弁護士コラム
あおり運転による交通事故の慰謝料は?あおり運転の罪とは?
2022年8月23日 弁護士コラム
ながらスマホによる交通事故の過失割合|事故に遭った場合の流れ
2022年8月19日 お知らせ
8月20日(土)の休日交通事故被害者無料相談会の受付は終了いたしました。
2022年8月16日 弁護士コラム
交通事故で弁護士費用を負担してくれる弁護士特約(弁護士費用特約)|特徴から利用ケースなどを解説
2022年8月5日 弁護士コラム
交通事故の弁護士への依頼で費用倒れになるケース|費用倒れを防ぐためには?
2022年7月29日 弁護士コラム
交通事故のむちうちにおける慰謝料|後遺障害認定でのポイント
2022年7月26日 弁護士コラム
交通事故で骨折した際の慰謝料の相場
2022年7月15日 弁護士コラム
交通事故でもらい事故に遭った場合の過失割合の証明方法
2022年7月13日 お知らせ
7月17日(日)の休日交通事故被害者無料相談会の受付は終了いたしました。
2022年7月7日 弁護士コラム
交通事故の示談交渉のポイント|示談交渉でよくあるトラブルも
2022年7月1日 弁護士コラム
交通事故はドライブレコーダーによる証拠が重要!ドライブレコーダーで何が変わる?
2022年6月27日 弁護士コラム
交通事故の高次機能障害とは?損害賠償や具体的な症状について解説
2022年6月17日 お知らせ
6月18日(土)の休日交通事故被害者無料相談会の受付は終了いたしました。
2022年6月17日 弁護士コラム
交通事故の民事裁判の流れ|交通事故は民事裁判を起こすべき?

お知らせ一覧

交通事故発生から解決までの流れ

交通事故発生から解決までの流れ 交通事故発生から解決までの流れ

被害者適正賠償金獲得するための
4つ
ポイント

弁護士費用

当事務所の弁護士費用については、ご自身やご家族が加入している自動車保険などに『弁護士費用特約』があるかどうかで異なってきます。

 

弁護士費用特約がない場合

 

弁護士費用特約がある場合

 

詳しくはこちら

 

「弁護士費用特約って何?」という方は下記をクリックください。

ご存知ですか?「弁護士費用特約」 弁護士費用特約を使えば、弁護士費用が実質無料になる場合もあります。 ご存知ですか?「弁護士費用特約」 弁護士費用特約を使えば、弁護士費用が実質無料になる場合もあります。

ふくい総合法律事務所解決事例一部紹介

  • 解決事例1事故で高次脳機能障害(1級1号)となった40代男性の賠償額が約4300万円増額した事案

    解決事例1 解決事例1

    詳しくはこちら

  • 解決事例2事故で死亡した80代女性の賠償額が約2400万円増額した事案

    解決事例2

    詳しくはこちら

  • 解決事例3併合第8級の70代女性の賠償額が約2.1倍に増額し、約2300万円の賠償金を獲得した事案

    解決事例3

    詳しくはこちら

その他の解決事例はこちら

当事務所お客様の声一部紹介

 

 お客様の声1 

 

今回の事故の件、大変お世話になりました。親身な対応などすべてにおいて感謝いたします。

お客様の声1

 

 お客様の声2 

 

分かりやすい説明で、私たちも納得できる結果になりました。ありがとうございました。

お客様の声2

 

 お客様の声3 

 

電話の時も訪問した時も、とても丁寧に対応して頂き、ありがとうございました。

お客様の声3

 

その他のお客様の声はこちら

所長弁護士からのご挨拶

交通事故発生から解決までの流れ
   

交通事故でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

私は、福井県丹生郡越前町出身です。高校卒業まで地元福井で生活し、その後は、大学やロースクール(大学院)進学のため兵庫県西宮市に住んでいました。司法試験合格後は、生まれ育った福井の地に少しでも恩返しをしたいと思い、福井で弁護士登録をしました。

福井で生活や仕事をするにあたっては、バスや電車などの公共交通機関の利用が非常に不便で、車を1人が1台保有するが当たり前となっています。

そのため、福井県内での移動は、車での移動が当たり前の「車社会」。ただし、その反動として、福井において、不幸にして交通事故に遭われてしまう方が多数いることも事実です。特に、雪国である福井は冬の間、雪や路面凍結のために、交通事故の数も増加します。

また、私の印象ですが、福井県民は、温厚で忍耐強い人が多いです。

ただし、その反面、福井の人は自らを積極的に主張することは苦手で、示談交渉の場面で、保険会社に対して自分の正当な権利をきちんと主張することが出来る人は少ないと感じています。そういったこともあって、福井県においても、交通事故の被害者が適正な賠償金の受け取りができないままに事故が処理されてしまっているという事例が多数あるということを、私も福井で弁護士の仕事をしながら分かってきました。

加えて、福井県民の中には、交通事故の被害に遭ったときに弁護士に相談するという発想自体がなく、弁護士に依頼すれば適正な賠償金を得ることが出来るということ等を知らない人が多いと実感しています。

そこで、このたびふくい総合法律事務所の交通事故専門ホームページを作成し、交通事故や弁護士に関する情報を積極的に発信することにより、少しでも敷居の高くない法律事務所を作り、福井の交通事故の被害者救済に寄与していきたいと考えました。    

もし、ご自身やご家族が交通事故被害に遭ってしまい、お悩みになられている方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

所長弁護士 小前田宙

事務所紹介

弁護士法人ふくい総合法律事務所

 

詳しくはこちら


弁護士紹介


小前田  宙

園山 達紀

西尾 祐馬

土屋 裕司
 

詳しくはこちら


事務所へのアクセス・駐車場

 

詳しくはこちら


メディア掲載実績

2016年7月
日刊県民福井

2016年7月
情報誌パレット

2015年2月
福井新聞社発行Dream

2013年7月
福井商工会議所報Chamber

 

詳しくはこちら


推薦者の声


山金工業㈱
代表取締役
山下真寛様

寺部法律事務所
代表弁護士
寺部光敏様

福井社労士事務所
初瀬川達郎様
 

詳しくはこちら

TOP