• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

70代女性が、12級6号の後遺障害の等級認定を受け、賠償金約627万円獲得した事案

被害者:福井市在住の女性(70代)
職 業:主婦
後遺障害等級:12級6号
診断名:左鎖骨骨折、両脛骨遠位端骨折等

当事務所のサポートを受ける前と受けた後の違い

賠償項目 示談額
休業損害  115万円
傷害慰謝料  157万円
後遺障害による逸失利益  308万円
後遺障害慰謝料  261万円
その他   10万円
自賠責保険金 ▲224万円
合計額  627万円

※主な賠償項目のみ

1 事故の態様

福井市内の横断歩道を歩いていたところ、前方不注意の加害者車両に、はねられたという事故でした。

2 後遺障害について

相談者は事故により、左鎖骨骨折、両脛骨遠位端骨折等と診断されました。痛みが残っている状態でしたが、保険会社からは、3ヶ月で治療を打ち切られてしまい、相談に来られました。相談の結果、治療を継続することとし、実費で通院していただき、後遺障害の被害者請求をすることにしました。

3 検討

被害者請求の結果、「1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として、第12級6号の後遺障害が認定されました。その後、裁判基準により、相手の保険会社に賠償金を請求すべきと考えました。

4 結果

後遺障害の認定も適切に得られ、その上で保険会社との交渉を経て、裁判に至ることなく、比較的早期に解決することができ、賠償金額合計約627万円(既払額の控除後の金額)を獲得することができました。

TOP