• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

併合7級の40代男性が、7000万円の賠償金が認められた事案

被害者:福井県内在住の男性(40代)
職 業:会社員
後遺障害等級:併合7級
診断名:右足開放骨折など

当事務所のサポートを受ける前と受けた後の違い

賠償項目 保険会社提示額 最終的な獲得金額 増額分
治療費 476万円 476万円
入院雑費 36万円 36万円
付添監護費 0円 14万円 14万円
休業損害 146万円 134万円 ▲12万円
傷害慰謝料 249万円 330万円 81万円
後遺症による
逸失利益
4861万円 4861万円
後遺症慰謝料 700万円 1100万円 400万円
その他(装具) 26万円 12万円 ▲14万円
その他 923万円 923万円
過失減額 ▲650万円 0円 650万円
既払額 ▲1665万円 ▲886万円 779万円
合計額 4179万円 7000万円 2821万円

※主な賠償項目のみ

1 事故の態様

相談者は、大型自動二輪車で、青信号に従い交差点に進入したところ、加害者が赤信号にもかかわらず進入し、衝突したという事故でした。

2 後遺障害について

 相談者は事故により、右足開放骨折等と診断されており、後遺障害認定の結果、併合第7級の等級認定を受けました。

3 検討

相手方保険会社と示談交渉を試みましたが、総額約4100万円という低額であったことや、被害者過失減額が10%されていたことから、到底納得できる内容ではありませんでした。そのため交渉は決裂し、裁判に移行しました。

4 結果

裁判上の和解により、7000万円の賠償金(解決金)が認められました。

TOP