• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

14級9号の50代男性の賠償金が153万円増額した事案

相談者:男性(50代)
職業:会社員
後遺障害等級:第11級9号
診断名:頚椎捻挫など

当事務所のサポートを受ける前と受けた後の違い

賠償項目 保険会社提示額 最終的な獲得金額 増額分
傷害慰謝料 67万円 92万円 25万円
後遺症による逸失利益・
後遺症慰謝料
75万円 203万円 128万円
合計額 142万円 295万円 153万円

※主な賠償項目のみ

1 事故の態様

相談者は、自動車運転中に、赤信号で停車していたところ、前方不注視の自動車に追突されました。

2 後遺障害について

相談者は、頚椎捻挫の神経症状について14級9号が認定されていました。

3 検討

検討の結果、後遺症による逸失利益・後遺症慰謝料が明らかに低額でした。
第14級9号の場合、自賠責保険から給付される金額が75万円です。示談提示額がこれと同額でしたので、明らかに保険会社が賠償金を低く抑えようとしていることが明白でした。

4 結果

保険会社との示談交渉の末、示談で解決することができました。

むちうちに関するその他の記事もご覧ください

その他のむちうちに関する解決事例の一部をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1 30代男性が腰椎捻挫により14級9号の後遺障害の等級認定を受け、示談金が約4倍に増額した事案
2 40代女性が、外傷性頸部症候群・外傷性腰部症候群により14級の後遺障害の等級認定を受け、示談金が約275万円増額した事案
3 20代男性が第14級9号の後遺障害の等級認定をうけ、示談金が約219万円増額した事案
4 第14級9号の40代男性が約324万円の賠償金を獲得した事案
5 40代男性が14級9号の後遺障害等級認定を受け、465万円の賠償金を獲得した事案
6 40代女性が、異議申立の結果、14級9号の後遺障害が認められ約370万円の賠償金を獲得した事案
7 併合12級の20代男性の賠償額が約220万円増額した事案
8 併合12級の40代女性について、600万円の賠償金が認められた事案
9 40代男性が、14級9号の後遺障害の等級認定を受け、賠償金が221万円増額した事案
10 会社役員の男性について、約480万円の賠償額が認められた事案

TOP