• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

併合12級の後遺障害の等級認定を受けていた30代男性の賠償金が765万円増額した事案

相談者:男性(30代)
職業:会社員
後遺障害等級:併合第12級
診断名:右臼蓋骨骨折

当事務所のサポートを受ける前と受けた後の違い

賠償項目 保険会社提示額 最終的な獲得金額 増額分
傷害慰謝料 300万円 310万円 10万円
後遺症による
逸失利益
131万円 704万円 573万円
後遺症慰謝料 93万円 275万円 182万円
合計額 524万円 1289万円 765万円

※主な賠償項目のみ

1 事故の態様

相談者は、バイクに乗って走行していたところ、一時停止の表示を無視したトラックにはねられました。

2 後遺障害について

相談者は、左膝の神経症状について14級9号、右手関節の可動域制限について12級6号の併合12級が認定されていました。

3 結果

検討の結果、後遺症による逸失利益が明らかに低額でした。
特に、右手可動域の制限があり、今後よくなる可能性がないにも関わらず、労働能力喪失期間を10年で算定するなど、賠償金を低く抑えようとしていることが明白でした。

4 結果

保険会社との示談交渉の末、示談で解決をすることができ、依頼者には満足していただきました。

TOP