• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

40代男性が、12級13号の後遺障害の等級認定を受け、賠償金約436万円増額した事案

被害者:勝山市在住の男性(40代)
職 業:会社員
後遺障害等級:第12級13号
診断名:後遺症性脳内血腫、外傷性くも膜下出血等

当事務所のサポートを受ける前と受けた後の違い

賠償項目 保険会社提示額 最終的な獲得金額 増額分
傷害慰謝料 86万円 110万円 24万円
後遺症による
逸失利益
818万円 1150万円 332万円
後遺症慰謝料 210万円 290万円 80万円
合計額 1114万円 1550万円 436万円

※主な賠償項目のみ

1 事故の態様

あわら市内の道路を歩いていたところ、居眠り運転をしていた加害者車両に後ろから、はねられたという事故でした。

2 後遺障害について

相談者は事故により、後遺症性脳内血腫、外傷性くも膜下出血等と診断されていました。

後遺障害認定の結果、他覚的に神経系統の障害が証明されるものと捉えられ、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として第12級13号の後遺障害が認定されました。

 

3 検討

保険会社からの示談提案を確認したところ、傷害による傷害慰謝料、後遺症による逸失利益及び慰謝料が明らかに低額でした。

当事務所で算定をし直し、裁判基準による請求を行いました。

4 結果

後遺障害の認定も適切に得られ、その上で保険会社との交渉を経て、裁判に至ることなく、傷害慰謝料、後遺症による逸失利益及び後遺症慰謝料全ての増額を認めてもらうことができました。賠償金額合計約1550万円(既払額の控除後の金額)を獲得することができ、もともとの賠償額から、大幅な増額ができたため、相談者の方には喜んでいただけました。

TOP