• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

事故で死亡した60代女性について5760万円の損害賠償が認められた事案

相談者:福井県内の男性(40代)
被害者:60代女性
職 業:主婦(パート)

当事務所のサポートを受ける前と受けた後の違い

賠償項目 保険会社提示額 和解額 増額分
治療費 100万円 100万円
死亡逸失利益 1000万円 2500万円 1500万円
死亡慰謝料 1100万円 2600万円 1500万円
葬儀費用 100万円 150万円 50万円
既払額 96万円 96万円
その他 147万円 314万円 167万円
合計額 2543万円 5760万円 3217万円

※主な賠償項目のみ

1 事故の態様

広い歩道を自転車に乗って走行していたところ、居眠り運転の車両にはねられ、搬送先の病院で約9時間後に亡くなられました。

2 検討

相手保険会社から提示された示談内容を検討したところ、死亡慰謝料と逸失利益が明らかに低額であり、裁判基準における考え方に則って計算されていなかったため、これについての主張が重要と考えました。

3 結果

示談交渉で保険会社と折り合いをつけることが出来ず、裁判に移行しましたが、結果として、総額5760万円の損害が認められました(和解により終結)。

4 所感

死亡事故のケースにおいて、保険会社は、死亡慰謝料を保険会社の支払基準で提示してきます。本件は、被害者遺族が相手保険会社と示談する前に当事務所にご相談していただいたため、弁護士から相手保険会社に対し適切な損害賠償額を提示し、これを裁判所で認めてもらうことができました。

TOP