• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

第14級9号の40代女性の賠償金が98万円増額した事案

被害者:福井市内在住の女性(40代)
職 業:主婦
後遺障害等級:第14級9号
診断名:頚椎捻挫、腰椎捻挫

当事務所のサポートを受ける前と受けた後の違い

賠償項目 保険会社提示額 最終的な獲得金額 増額分
傷害慰謝料 60万円 83万円 23万円
後遺症による
逸失利益
75万円 51万円 75万円
後遺症慰謝料 99万円
合計額 135万円 233万円 98万円

※主な賠償項目のみ

1 事故の態様

依頼者は、3台の玉突きによる事故で、一番前に止まっていました。

2 後遺障害について

依頼者は腰の痛みがまだ残っている状態で、治療打ち切りと言われていました。被害者請求を行った結果、右腰~大腿痛等の症状について、「局部に神経症状を残すもの」として第14級9号の後遺障害が認定されました。

3 検討

当事務所に相談に来ていただいた段階で、後遺症の認定手続きが必要な事案であったため、被害者請求を行うことになりました。また、傷害慰謝料が低額で提示されていたため、この部分の交渉も必要と考えました。

4 結果

保険会社との交渉を経て、裁判に至ることなく、示談で解決することができました。早期にスムーズな解決ができたため、相談者の方には喜んでいただけました。

TOP