• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

60代男性が、11級7号の後遺障害の等級認定を受け、賠償金330万円を獲得した事案

被害者:福井市内在住の男性(60代)
職 業:無職
後遺障害等級:11級7号
診断名:第4椎体骨折、胸椎前縦靭帯骨化症

当事務所のサポートを受ける前と受けた後の違い

賠償項目 示談額
治療費  167万円
通院費     8万円
入院雑費   17万円
傷害慰謝料  220万円
後遺障害慰謝料  420万円
既払額 ▲502万円
合計額  330万円

※主な賠償項目のみ

1 事故の態様

坂井市内の交差点で赤信号のため停車していたところ、後ろから加害者車両が追突したという事故でした。

2 後遺障害について

相談者は事故により、第4椎体骨折、胸椎前縦靭帯骨化症と診断されていました。後遺障害認定の結果、胸腰椎部に「脊柱に変形を残すもの」として第11級7号の後遺障害が認定されました。

3 検討

症状固定後に被害者請求を行い、第11級7号の等級認定を獲得し、保険会社に対して裁判基準での請求を行いました。

4 結果

保険会社との交渉を経て、裁判に至ることなく、示談が成立し、賠償金330万円(既払額の控除後の金額)を獲得することが出来ました。

TOP