• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

40代男性が、14級9号の後遺障害の等級認定を受け、賠償金180万円増額した事案

被害者:福井県在住の男性(40代)
職 業:会社員
後遺障害等級:第14級9号
診断名:右膝蓋骨粉砕骨折、頚椎捻挫

 

当事務所のサポートを受ける前と受けた後の違い

賠償項目 保険会社提示額 最終的な獲得金額 増額分
合計額 220万円 400万円 180万円

1 事故の態様

センターラインオーバーで走行してきた加害者車両と正面衝突したという事故でした。

2 後遺障害について

相談者は当事務所に来所された段階で、既に後遺障害について事前認定を受けていましたが、結果は非該当でした。

2 検討

後遺障害の認定結果が非該当だったことに対し、異議申立を行った結果、14級9号の等級認定を獲得し、保険会社に対して裁判基準での請求を行いました。

3 結果

後遺障害について、事前認定では非該当という結果が出ていましたが、妥当ではないと考え異議申立を行いました。その結果、14級9号の等級認定を獲得することが出来ました。その後、裁判基準による請求で相手方保険会社と示談交渉を行い、裁判に至ることなく示談が成立し、賠償金400万円を獲得することができました。

 

TOP