• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

40代女性が、12級7号の後遺障害の等級認定を受け、賠償金約778万円獲得した事案

被害者:福井県内在住の女性(40代)
職 業:会社員
後遺障害等級:12級7号
診断名:左距骨骨折

当事務所のサポートを受ける前と受けた後の違い

賠償項目 示談額
治療費  512万円
通院費    12万円
入院雑費     7万円
その他費用  13万円
休業損害 523万円
傷害慰謝料 206万円
後遺障害による逸失利益 472万円
後遺障害慰謝料 261万円
既払額 ▲1228万円
合計額 778万円

※主な賠償項目のみ

1 事故の態様

横断歩道を歩いていたところ、右折してきた加害者車両と接触したという事故でした。

2 当事務所に相談に来られた経緯

相談者は事故により、左距骨骨折と診断されていました。

痛みがかなり残っている状態で、後遺障害について不安を感じており、今後の対応をお願いしたいとのことで、相談に来られました。

3 検討

事故後約2年4か月後に症状固定となりました。

診断書や被害者の自覚症状等を確認したところ、後遺障害の等級認定手続が必要と判断し、当事務所において、被害者請求を行ないました。

4 結果

被害者請求の結果、左足関節の可動域制限について、「1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として、第12級7号の後遺障害が認定されました。

保険会社との交渉を経て、裁判に至ることなく、示談が成立し、賠償金778万円(既払額の控除後の金額)を獲得することが出来ました。

後遺障害の等級認定後、スピーディーに示談解決となったため、相談者の方には、喜んでいただけました。

TOP