• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 0776-28-2824
  • メールでのお問合わせ

解決事例

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

外貌醜状7級の男性の賠償金1700万円を獲得した事案

被害者:男性(30代)
職 業:会社員
診断名:外貌醜状等

当事務所のサポートを受ける前と受けた後の違い

賠償項目 保険会社 提示額 最終的な獲得金額 増額分
傷害慰謝料   66万円    90万円    24万円
後遺症による
逸失利益
       0円  613万円 613万円
後遺症慰謝料 700万円 1000万円 300万円
合計額 766万円 1703万円 937万円

※主な賠償項目のみ

1 事故の態様

被害者は越前市内の黄色点滅の交差点を走行中、赤色点滅で走ってきた加害者の車両と衝突したというものでした。

2 検討

保険会社の示談提示内容を検討したところ、外貌醜状により7級12号の後遺障害の認定がなされているにもかかわらず、逸失利益がゼロとの回答であったことから、提訴することにしました

3 結果

示談交渉で保険会社と折り合いをつけることが出来ず、裁判に移行しましたが、後遺障害の逸失利益について力を入れて活動し、被害者の職業や仕事への影響、年齢等の主張・立証を行い、結果として、被害者の損害額1700万円認定してもらいました(判決により終結)。

なお、被害者側の過失の2割の過失相殺はされましたが、被害者自身の加入している人身傷害補償特約に保険金を請求し、過失相殺がなされていないのとほぼ同じ補償を受け取ることができました。

TOP