• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

弁護士コラム

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

自動車の自動運転で弁護士の仕事は無くなるのか?

弁護士の小前田です。

最近のニュースで、テスラモータースの自動運転車が初の死亡事故を起こしたという記事がありました。自動運転はまだ技術的には完全なものではないということを示したニュースでした。

しかし、テスラモータースによると、自動運転機能は1億3000万マイル(約2億キロ)の走行実績があり、その中で、死亡事故は初めてということなので、かなり技術的には進んでいるということが分かります。

いろいろ調べてみると、各メーカーは、現在、自動運転の実用化に向けて、公道でのテストを重ねているようです。日本政府も支援を打ち出していて、安倍首相も、2020年の東京五輪までに自動運転車普及を目指すという発言をしているようです。

自動運転の技術面をクリアしたとしても、法律や保険をどうするかという問題は残りますが、技術面に比べれば大きな問題ではないと思います。

私の私見ですが、これまでの人間やテクノロジーの進化の歴史を考えると、近い将来、自動運転が実現する社会が実現することは間違いなさそうな気がします。

そして、自動運転が実現した場合、交通事故の発生件数も激減することになるといわれています。

交通事故が発生しない世界というのは、誰にとっても望ましいものです。私も仕事柄、多くの交通事故を見聞きしており、悲惨な交通事故が無くなることは非常に喜ばしいことだと考えています。

一方、交通事故が発生することを前提とした仕事については、無くなっていくことになります。おそらく、保険会社、保険代理店、板金屋などの仕事に影響が出ることは避けられないと思います。

そして、私も含めてですが、交通事故を主要な業務として取り扱っている弁護士の仕事が無くなるということも避けられないと思います。

しかし、テクノロジーの進化でこれまで人間がしてきた仕事が無くなるというのは、人間が進化の歴史としてこれまで繰り返し行われていたことです。

古くは産業革命や、最近でいうとIT革命などで、それまでにあった仕事が無くなっていくというのはこれまでにもあったことで、弁護士だけに特有の問題ではないのです。

最近ではオックスフォード大学が10年後になくなる仕事を発表するなど、テクノロジーの発達で、人間がやらなければならない仕事というものが目まぐるしく変わっていく世の中になっています。

つまり、テクノロジーの発達のために、仕事が無くなるというのは弁護士だけに起きていることではなく、世の中全体で起きている問題だといえます。

この変化の早い世の中では、一人一人の弁護士が、日々、世の中のニーズを把握して、時代にあった価値を提供していかなければいけないと思います。人間が進歩していく中で、人々が弁護士に求める価値というものも変化していくのだと思います。

そのため、今後、弁護士に求められるのは、新しい業務となる分野を作っていくという気概ではないでしょうか。

これまでも、歴史的には、テクノロジーを発達に伴って意義を失った仕事はどんどん無くなっていますが、その分、新しい仕事がどんどん出来てきています。弁護士の仕事についても、同じようなことが出来るのではないかと思います。

弁護士の仕事というのは、法律を使って、紛争を予防・解決することが基本ですから、どれだけテクノロジーが進化したとしても、弁護士の提供する価値というのは無くならないと思います。ただ、新しい時代で求められる価値に応じた柔軟性が必要という話ではないかと思います。

結論としては、20年先か、10年先かは分かりませんが、近い将来、今の弁護士が行っているような交通事故分野の仕事は無くなると思いますが、それに変わる新しい分野を見つけていく必要があるということになるかと思います。

なお、今後の予測(私個人の見解です)ですが、順調に自動運転の技術が進化していくと、公道で人間が自動車を運転することが法律で禁止される世の中になると思います。こうした状況になるのは、コンピュータがミスする確率が、人間がミスする確率を大幅に下回ったときです。この場合には、人間に運転をさせると事故を発生させてしまうことになるからです。

また、人間が車を運転しなくなれば、飲酒運転や、高齢者の運転による事故の問題なども生じなくなります。

そうした世の中では、人間が車を運転できるのはサーキットか私有地の中だけということになるのでしょう。

コラム一覧

年月 コラムタイトル
2019年4月 家具屋で感じた「相手の話を聞くこと」の大切さ
2018年12月 年末年始休業のお知らせ
2018年8月 夏季休業のお知らせ
2018年2月 自転車ライフを楽しみましょう!!
2017年12月 年末年始休業のお知らせ
2017年10月 第1回 保険代理店のための交通事故勉強会を開催しました。
2017年9月 最近、バイクの交通事故の相談が増えています。
2017年8月 夏季休業のお知らせ
2016年12月 交通事故被害弁護団のシンポジウムに参加してきました。
2016年12月 年末年始休業のお知らせ
2016年9月 後部座席であってもシートベルトをきちんと着用しましょう。
2016年8月 夏季休業のお知らせ
2016年8月 自研センターの研修に参加してきました。
2016年7月 自動車の自動運転で弁護士の仕事は無くなるのか?
2016年6月 自転車事故に対応できる保険に加入しましょう。
2016年5月 法人化に伴い、事務所名を変更しました。
2015年11月 示談してしまった後でも、弁護士に依頼することはできるのか?
2015年11月 年末年始の営業のお知らせ
2015年10月 交通事故の勉強会に参加してきました
2015年8月 福井県板金工業組合で講師をさせていただきました。
2015年8月 夏季休業のお知らせ
2015年7月 高次脳機能障害相談研修会に参加してきました。
2014年10月 自動車保険には弁護士費用特約をつけておきましょう。
2014年10月 整骨院・柔道整復師のための交通事故勉強会を開催しました。
2014年7月 交通事故の解決を地元の弁護士に依頼すべき理由
2014年6月 勉強会で交通事故をテーマに講師をしました。
2014年3月 人身補償研究会に参加してきました。
2014年1月 事務所の総合ホームページを開設しました。
2013年11月 講師をしました!
2013年10月 高校生に「弁護士の仕事」について話をしました
2013年8月 講師をしました!
2013年7月 適切な後遺障害認定を受けるためのポイント
2013年6月 (第1回)士業交流勉強会に参加しました。
2013年6月 勉強会で発表をしました。
2013年6月 第4回法律相談会を実施しました(相談会のアイテム紹介2)。
2013年5月 第2回無料法律相談会を実施しました。
2013年5月 第3回法律相談会を実施しました(相談会のアイテム紹介1)
2013年5月 第2回無料法律相談会を実施しました。
2013年4月 新幹線・特急の移動時間の活用について
2013年3月 ETCカードを挿入し忘れて追突された運転者に過失はあるか?
2013年3月 第1回無料法律相談会を実施しました。
2013年2月 第1回無料法律相談会を開催します!

TOP