• 相談料着手金0円
  • 無料相談のお問い合わせ 011-281-0757
  • メールでのお問合わせ

交通事故Q&A

交通事故弁護士で変わる。
交通事故強い弁護士を選びましょう。

示談交渉を弁護士に依頼するとメリットがありますか?

交通事故で弁護士に示談交渉を依頼すると、いくつかのメリットがあります。

まず、弁護士に示談交渉を依頼する場合、自分で相手方保険会社と交渉するよりも、支払いを受けられる賠償金額(示談金額)が大きくなることがあります。

交通事故の損害賠償の基準には、「自賠責基準」と「任意保険基準」と「裁判基準」がありますが、中でも「裁判基準」が一番高額です。

自分が任意保険会社と交渉をする場合には、「任意保険基準」で賠償金額を計算することになりますが、弁護士に示談交渉を依頼すると「裁判基準」で計算します。
このことによって、同じ損害内容でも大幅に損害賠償金額が上がることがあります。

また、自分で示談交渉に対応していると、法的な知識がないために相手方保険会社に不利な条件を押しつけられるケースがあります。この場合、自分ではその内容が不当であるとは気づかないままに示談してしまう恐れなどもあります。
この点、弁護士に示談交渉を依頼すると、示談内容が法律的に妥当かどうかをきちんと判断できるので、不当な条件で示談してしまうリスクを避けることができます。

また、交通事故後の示談交渉は自分にとってとても負担がかかるものです。
この点、弁護士に示談交渉を依頼すると、手続をすべて行ってくれるので、精神的にもとても楽になります。

質問内容

  1. むちうち症で等級が上がる場合があるって聞いたんだけど。それは本当?
  2. 症状固定って何?
  3. 後見人とはどういうことですか?
  4. 保険金の請求にも時効があるって本当ですか?
  5. 重大な過失とはどういうものを指すのでしょうか?
  6. 物損に関する慰謝料は認められないのでしょうか?
  7. 賃金センサスとは何ですか?
  8. 有給休暇を使用して治療のために通院した日数分について、休業損害は請求できるのでしょうか?
  9. 整骨院で治療を受けた場合、その治療費は損害として認められますか?
  10. 業務中に交通事故に遭った場合、どのような保険に請求すればよいのでしょうか?
  11. 物損事故だけの相談はできますか?
  12. 損害賠償請求できるのは被害者本人からだけですか?
  13. 弁護士に相談したら、依頼しなければなりませんか?
  14. 弁護士に依頼したら、必ず裁判をしなければいけないのですか?
  15. 弁護士に依頼した場合でも、裁判には、毎回出廷しなければなりませんか?
  16. 交通事故以外の事件の相談・依頼はできますか?
  17. 紹介者がいなくても相談・依頼できますか?
  18. 電話での法律相談はできますか?
  19. 通院にタクシーを利用した場合は、通院交通費として請求できますか?
  20. ライプニッツ係数とは何ですか?
  21. 示談交渉の具体的な流れはどのようになりますか?
  22. 示談交渉のタイミングはいつから始まりますか?
  23. 示談交渉を弁護士に依頼するとメリットがありますか?
  24. 示談交渉はどのタイミングで弁護士に相談するのがベストですか?
  25. 交通事故の示談交渉で相手方に弁護士がつくことはありますか?
  26. 相手方保険会社が弁護士をつけてきた場合、裁判になりますか?
  27. 提示された示談金が妥当かどうかの判断基準はありますか?
  28. 保険会社から治療費を打ち切られることはありますか?
  29. 治療費が打ち切られる場合、どのような理由が多いですか?
  30. 保険会社から治療費が打ち切られた後、再度治療費が支給される場合はありますか?
  31. 交通事故の通院に伴った治療費の支払いに健康保険を使うことはできますか?
  32. 交通事故の治療費支払いの際、健康保険の利用を断られることはありますか?
  33. 交通事故後、整形外科を受診せずに整骨院や接骨院に通院した場合、問題はありますか?
  34. もらい事故とは何ですか?その場合の賠償金額はどうなりますか?
  35. もらい事故の場合、自分で示談交渉をしなければなりませんか? 示談交渉が進まないと被害者は泣き寝入りしなければなりませんか?
  36. 過失割合、過失相殺とは何ですか?
  37. 過失割合はどうやって決まりますか?
  38. 高速道路での交通事故には一般道とは違った特徴がありますか?
  39. 高速道路での交通事故の過失割合は一般道とは違いますか?
  40. ドライブレコーダーとは何ですか?交通事故の証拠になりますか?
  41. 過失割合の修正要素とは何ですか?
  42. 過失割合の修正要素内の「著しい過失」「重過失」とは何ですか?たとえばどのようなものがありますか?
  43. 症状固定したかどうかはどのように判断されますか?
  44. 後遺症の等級認定の結果に納得できない場合には、どうしたらよいですか?
  45. 後遺障害が認定されると、慰謝料の金額にどのような影響がありますか?
  46. 後遺障害の併合制度とは何ですか?
  47. 症状固定後は治療費の請求ができないのですか?
  48. 弁護士基準(裁判基準)が損害賠償額の計算に適用されると、どれくらい金額が上がりますか?
  49. 当て逃げ被害に遭った場合、加害者は見つけられますか?
  50. 交通事故の損害賠償請求をする場合、どのようなことに注意するとよいですか?
  51. 死亡事故の過失割合はどうやって決めるのですか?
  52. 死亡事故の場合、弁護士に依頼すると賠償金の金額が上がるのですか?

TOP