高次脳機能障害で、自宅改装費用はどこまで認められますか?


高次脳機能障害で自宅介護をする場合、自宅改装費用が認められますが、必ずしも全額の費用が支払われるわけではありません。。

どこまでの自宅改装費用が認められるのか、解説します。
101EA0A1556.jpgのサムネール画像
自宅改装費用とその範囲
高次脳機能障害になって介護が必要になった場合、従前の自宅では生活が難しく、改装が必要と判断されることがあります。

その場合の自宅改装費用は交通事故によって発生した損害として、加害者に請求可能です。

「神経系統の障害に関する医学的意見」は、医師が本人の精神障害について記載し作成する書類です。

対象になる例としては、以下のような費用です。

・階段に手すりや昇降機をつける工事費用
・玄関や廊下をバリアフリーにする工事費用
・ 玄関や廊下をバリアフリーにする工事費用


ただし、全額が認められるわけではなく、被害者の自宅での生活のために必要かつ相当な範囲に限定されます。

また、改装によって家族も便益を受ける場合には、費用が減額されます。


自宅改装費用が認められた具体的な事例
具体的にどこまでの費用が認められるのか、みてみましょう。

たとえば、高次脳機能障害と四肢麻痺の後遺障害が残り、全面的な介護が必要になった被害者の事案では、自宅の増改築、外部と内部の改装、瓦の葺き替えなど全面的な改装費用として1459万円が認められた例があります(名古屋地裁平成14年11月1日)。

トイレの改造や浴槽の入れかえ、階段手すりの工事をした事例において、トイレと浴槽については家族も便益を受けるという理由で減額され、全体の約6割の90万円が認められた事例もあります(大阪地裁平成15年1月27日)。

自宅の立替費用や自宅を建てるための土地購入費用などについても一部認められることがよくあります。

高次脳機能障害で自宅改装を検討されているなら、一度弁護士までご相談下さい。


高次脳機能障害 Q&A

No 質問内容
17 高次脳機能障害の場合、近親者の付添看護費用はどのくらい認められますか?家族が仕事を休んで付き添った場合にはどうなりますか?
16 高次脳機能障害で個室を利用した場合、どこまでの金額が補償されますか?
15 高次脳機能障害の介護で、自宅介護と施設介護にはどのような違いがありますか?
14 高次脳機能障害で、自宅改装費用はどこまで認められますか?
13 高次脳機能障害の「神経系統の障害に関する医学的意見」とは何ですか?
12 高次脳機能障害の日常生活状況報告書とは何ですか?
11 高次脳機能障害になり本人に判断能力がないのですが、示談交渉はどのように進めたら良いですか?
10 交通事故後本人の性格が変わったが高次脳機能障害か
9 高次脳機能障害になったときの病院の選び方
8 高次脳機能障害になりやすい傷病は?
7 高次脳機能障害の立証方法は?
6 高次脳機能障害で将来介護費用が認められるケースとは?
5 高次脳機能障害になったときに請求できる賠償金は?
4 高次脳機能障害で認定される後遺障害の等級は?
3 高次脳機能障害で必要な「3要件」とは何ですか?
2 高次脳機能障害の症状はどのようなものでしょうか?
1 高次脳機能障害とは何ですか?

福井市で法律相談のご予約 まずはお気軽にご相談下さい。 0776-28-2824 受付時間 9:30〜20:00(土日祝対応)
ご相談の流れはこちら
mailsoudan.png
facebookバナー.jpg
お気に入りに追加する
弁護士費用
事務所案内

banar.jpg

推薦者の声
詳しくはこちら

コンテンツメニュー

福井市の弁護士ふくい総合法律事務所(旧 小前田法律事務所)概要 お電話によるお問合せはこちら 0776-28-2824 受付時間 9:30〜20:00(土日祝対応)
アクセスマップ
対応エリア
当事務所の運営サイト

ImgLS3_3_2.jpg

 

ImgLS3_3.jpg

 

c25_logo_1.gif

Google+

対応地域 -福井県-

嶺北

福井市  大野市  勝山市 
鯖江市  あわら市  越前市 
坂井市  永平寺町  池田町 
南越前町  越前町 

嶺南

敦賀市| 小浜市 |美浜町|
高浜町|おおい町|若狭町|