高次脳機能障害で将来介護費用が認められるケースとは?



交通事故が原因で高次脳機能障害となったら、本人1人では日常生活などに必要な動作ができなくなり、介護が必要になるケースがあります。その場合、加害者に対して将来介護費用を請求できます。

将来介護費用とは、重度な後遺障害が残ったときに認められる、一生涯にわたる介護費用です。

ただし高次脳機能障害になったとしても、どのような場合でも将来介護費用が認められるわけではありません。

認定される後遺障害の等級や内容により、扱いが異なってきます。

101EA0A1556.jpgのサムネール画像
・後遺障害等級が1級、2級の場合
後遺障害の等級が1級、2級の場合には、多くの場合将来介護費用が認められます。

これらの等級の神経障害のケースでは、もともと「要介護」であることが予定されているからです。

・後遺障害等級が3級以下の場合
認定された後遺障害の等級が3級以下の場合、当然には介護費用が認められません。

ただし、本人のおかれた具体的な状況によって介護費用が認められている例も多く存在するので、あきらめる必要はありません。

たとえば、後遺障害等級が5級のケースで、日常生活において家族による見守りが必要で、本人が1人で外に行くと道に迷ってしまうなどの事情があった事案で将来介護費用が認められた例もあります(名古屋高裁平成26年11月20日)。

後遺障害等級が7級であっても、高次脳機能障害の影響で本人が自発的に日常的な動作をできなくなり、常に家族による声かけが必要なケースなどでは、将来介護費用が認められる可能性があります。

高次脳機能障害になると、家族にも大きな負担がかかります。「介護費用を請求できないの?」と疑問を持たれているなら、まずは弁護士にご相談下さい。

高次脳機能障害 Q&A

No 質問内容
6 高次脳機能障害で将来介護費用が認められるケースとは?
5 高次脳機能障害になったときに請求できる賠償金は?
4 高次脳機能障害で認定される後遺障害の等級は?
3 高次脳機能障害で必要な「3要件」とは何ですか?
2 高次脳機能障害の症状はどのようなものでしょうか?
1 高次脳機能障害とは何ですか?

福井市で法律相談のご予約 まずはお気軽にご相談下さい。 0776-28-2824 受付時間 9:30〜20:00(土日祝対応)
ご相談の流れはこちら
mailsoudan.png
facebookバナー.jpg
お気に入りに追加する
弁護士費用
事務所案内

banar.jpg

推薦者の声
詳しくはこちら

コンテンツメニュー

福井市の弁護士ふくい総合法律事務所(旧 小前田法律事務所)概要 お電話によるお問合せはこちら 0776-28-2824 受付時間 9:30〜20:00(土日祝対応)
アクセスマップ
対応エリア
当事務所の運営サイト

ImgLS3_3_2.jpg

 

ImgLS3_3.jpg

 

c25_logo_1.gif

Google+

対応地域 -福井県-

嶺北

福井市  大野市  勝山市 
鯖江市  あわら市  越前市 
坂井市  永平寺町  池田町 
南越前町  越前町 

嶺南

敦賀市| 小浜市 |美浜町|
高浜町|おおい町|若狭町|