死亡事故の場合、どのような損害賠償請求ができますか?

死亡事故が起こった場合に請求できる代表的な損害賠償金は、葬儀費用と死亡慰謝料、逸失利益です。
以下で個別に見てみましょう。

葬儀費用とは、被害者の葬儀にかかった費用のことです。
火葬料や祭壇料、葬儀当日の費用とお通夜から初七日までの法要費用、墓石、仏壇購入費などを請求することができます。

死亡慰謝料とは、被害者が交通事故によって死亡したによる精神的損害に対する賠償金のことです。
死亡慰謝料は、死亡した人がどのような立場の人であったかによって金額が異なります。
0091_160223AX.jpgのサムネール画像のサムネール画像
たとえば被害者が一家の大黒柱であった場合には最も高額になりますし、子どもや高齢者の場合などにはそれより低くなります。
また、死亡慰謝料の金額の算定方法には、自賠責基準と任意保険基準、弁護士・裁判基準の3通りがあり、弁護士・裁判基準による算定金額が最も高額になります。

逸失利益とは、被害者が交通事故によって働けなくなるので、本来得られたはずの収入が得られなくなることによる損失分のことです。
逸失利益の金額は、交通事故前の収入を基準にして計算するので、事故前に高額な収入があった人などの場合には1億円を超える金額になることなどもよくあります。
また、就労可能年齢までの分を請求できるので、年齢が若い人の方が高い人よりも高額な逸失利益を請求できます。

交通死亡事故Q&A


No
質問内容
15 専業主婦や兼業主婦の場合、逸失利益を請求できますか?計算方法はどうなりますか?
14 子どもの場合、逸失利益を請求できますか?計算方法はどうなりますか?
13 逸失利益の生活費控除とは何ですか?
12 逸失利益の基礎収入とは何ですか?
11 逸失利益が認められるのはどのような人ですか?
10 逸失利益とは何ですか?
9 遺族固有の死亡慰謝料とは何ですか?その金額はどのくらいになりますか?
8 死亡慰謝料とは何ですか?その金額はどのくらいになりますか?
7 死亡事故の場合、葬儀費用はどのくらい支払われますか?
6 相手方と示談したら、相手の刑事裁判が有利になるのですか?
5 相手とすぐに示談したくない場合、いつまでなら損害賠償請求ができますか?
4 死亡事故の場合、いつから示談交渉を始めたらよいですか?
3 被害者がしばらく入院後に死亡した場合、どのような損害賠償請求ができますか?
2 死亡事故の場合、どのような損害賠償請求ができますか?
1 死亡事故で損害賠償請求ができるのは誰ですか?


 親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。

交通事故 無料法律相談のご予約


①交通事故問題解決の流れ.png ②ご予約・ご相談の流れ.png ③当事務所の解決事例.png ④交通事故Q&A.png
⑤事務所紹介.png ⑥弁護士紹介.png ⑦弁護士費用.png ⑧アクセスマップ.png

お問い合わせはこちら
ご相談の流れはこちら
mailsoudan.png
facebookバナー.jpg
お気に入りに追加する
弁護士費用
事務所案内

banar.jpg

推薦者の声
詳しくはこちら

コンテンツメニュー

弁護士法人ふくい総合法律事務所概要
アクセスマップ
対応エリア
当事務所の運営サイト

ImgLS3_3_2.jpg

 

ImgLS3_3.jpg

 

c25_logo_1.gif

Google+

対応地域 -福井県-

嶺北

福井市  大野市  勝山市 
鯖江市  あわら市  越前市 
坂井市  永平寺町  池田町 
南越前町  越前町 

嶺南

敦賀市| 小浜市 |美浜町|
高浜町|おおい町|若狭町|